リング内側の刻印の話し。


いや~、まさに本日3月16日は、
わたくしの誕生日、真っ只中ですよ。

今夜は盛大に世界各地でお祝いモードになるんでしょうね。

さて、今日は結婚指輪の
リング内側の刻印の話しです。

結婚指輪の刻印

どこのお店でもそうだと思いますが、リング内側には、使用金属の刻印が入ります。

プラチナ900であれば、Pt900。
18金のイエローなら、K18。
18金のホワイトなら、K18WGとか。

最近の話をすれば、比重計という
比重を計る測定器があるので、指輪に
K18とかの刻印が入ってなくても、
何金か?って、わかっちゃったりもします。

あと、うちの場合だと、GOCCIA の G マークが刻印として入ります。

上記の刻印は、打ち込んでいくタイプの刻印になります。

あとは、ナイスカッポーの皆さんより頂く
ご希望の言葉を刻印しています。
こちらは、核リング16文字までは無料です。

この際の刻印は、レザーで文字になる部分を
削っていくようなイメージの刻印になります。
ipadの刻印サービスと、同じ感じですね。

ちなみに、細めのリングにも刻印を入れています。
極細、リングの刻印

僕みたく視力の言い方なら肉眼でも
見えますが、あまり視力の良くない方だと
ちょっと見えないかもですね!

僕なんかは、仕事柄ルーペがあるので
マクロの世界まで根こそぎ見ちゃうよ!
あんたの鼻の中も、ルーペで
のぞいちゃうよぉ!
あんたみたいな美人さんでも、鼻クソの1つ位はあるもんだよ。。

ルーペ、刻印みる

2015年03月16日 | Posted in 制作中にて | | No Comments » 

関連記事

コメントを書くにはログインが必要です

コメントを残す